タイの鉄道一覧

 タイでは、鉄道も重要な荷物の輸送手段のひとつ。日本で20年以上も前に絶滅してしまった鉄道小荷物のサービスが今も健在。バンコクと主要都市を結ぶ快速・急行列車には、各列車1両の荷物車が連結されています。

 その国鉄14系15形寝台車は、タイ国鉄に来ると結構違和感のある車になっています。理由は寝台の位置。国鉄が自社で日本や韓国から調達した車は、寝台が線路に平行に作られています(日本のA寝台に相当)。ですが、日本から来た15形は、寝台が線路に対して垂直方向になるのです(B寝台)。

 日本からの中古車は、自動車だけではありません。列車にもあるんです。JR西日本がタイ国鉄に払い下げた客車が数十両、現役で走っています。

 国鉄は昨年8月から、景気浮揚策として3等車の一部を無料にする政策を採っています。本来はタイ人のみで、IDカードを見せないといけません。外国人は通常通りの運賃を取ることになっていますが、ここマハチャイ・メークロン線はお構いなし。外国人も無料で乗っています。

 ウォンウィエンヤイの駅から1時間でマハチャイの駅に到着。ここは、市場の真ん中に駅があって線路が引いてあるような感じで、列車がいない時間には線路まで品物があふれます。