チャイナタウン一覧

 楽宮旅社があったビル、すなわち北京飯店と同じビルにも、いくつかの運送会社があります。ある会社は「アランヤプラテート行き」、また別の会社は「トラン、パッタルン、ハジャイ方面」という横断幕を出しています。

 北京飯店のあるジュライロータリー東側、サンティパープ通りには、混載貨物を扱う運送会社が集中しています。

 故谷恒生氏の小説「バンコク楽宮ホテル」でバックパッカーの聖地となった「楽宮大旅社」。惜しくも2006年に閉鎖となってしまいましたが、1階にあったレストラン「北京飯店」は今なお健在です。

 チャイナタウンのキャセイデパート1階に最近進出した日系高級豆腐店「卯の花」。他の店とはちょっと違います。それはメニュー。

 サパンプットのナイトマーケットは、深夜2時頃には営業を終えて店をたたみます。その頃、近くの卸問屋街「サンペンレーン」ではその日の営業を始めようと準備をする時間。サパンプットから流れてくるタイ人もいます。