映画のエキストラ一覧

 その後、スワンナプームショックもあり外国からの映画制作の注文が激減します。それでも2009年に入って日本から「沈まぬ太陽」の注文が来ます。

 2008年8月、チャチュンサオ市でクランクイン。その後、撮影部隊はバンコク首都圏内に移り、ファランポーン駅での野外ロケ、大規模オープンセットでの撮影と、順調に進んでいきました。

 2008年7月、カオサン住人たちはアメリカ映画「上海 SHANGHAI」の撮影がタイで行われるという情報をつかみます。オーディションは一応あるものの、撮影が行われる時期にバンコクにいさえすれば、手を上げてすぐに出られそうな勢いだといいます。

 サヨナライツカでは、エキストラに厳格な割り当てがあり、撮影日とシーンに合わせて事前に選ばれた合格者の中から呼ばれる人が決められていました。

 2008年5月。「サヨナライツカ」のロケがバンコクで行われるとの情報を得ます。原作の関係もあり、マンダリン・オリエンタル・バンコクの全面協力を得ての撮影だったのですが、ふくちゃんは排除されてしまいました。