市内バス一覧

 スワンナプーム空港と市街地を結ぶエアポートエクスプレスバスは、24時に最終バスが出て、深夜はありません。デルタ航空やユナイテッド航空の成田からの便が遅れると、終バスに間に合わなくなることもあります。そういう時は、公共バスの出番。

 2010年2月15日を持って走れなくなるとされたミニバスに代わって、オレンジ色をまとったミニバスよりも一回り大きいバスが走り始めました。ミニバスと同様にエアコンなしで運賃は6.5バーツから路線によっては7バーツ。深夜になると8バーツ取ります。

 赤バスと並んで天然ガスへの移行が難しいと槍玉に挙げられたのが緑色のミニバスです。運輸省では、8月の段階で運行しているミニバスにオレンジ色の警告表記を書かせました。

 日本ではバスの燃料といえば軽油が当たり前ですが、ここタイは良質の天然ガスを産出します。ミャンマーから陸路での輸入もできるので、代替燃料の最右翼とされています。

アソーク通りを南北に貫く136番も意外に重要。