郵便投票のための投票用紙を請求することは、公示日前でもできます。公示されてから慌てて動く必要はありません。

 衆議院の任期満了による総選挙(戦後は1回だけありました)、参議院通常選挙の場合は、任期が満了する日の60日前から投票用紙の交付が可能。衆議院の
解散総選挙では、解散証書が読み上げられた瞬間から始まります。ですから、公示日前に投票用紙を受け取っておくようにすれば、楽に進められます。