タイの緑茶飲料はほとんどが加糖。タイ人の嗜好に合わせて作られていて、中にはレモン果汁を加えたものもあります。そんな中、最大手オイシグループの「OISHI Green Tea」には無糖の緑茶飲料が用意されています。ペットボトルのキャップが白になっているのが目印。通常の加糖タイプは緑、レモン果汁入りは黄色なので、すぐにわかります。
 ただし、地方ではセブンイレブンやテスコロータスなどのチェーン店以外はほとんど置いておらず、それが一番の難点。