その他の交通手段一覧

 ところが、カオサンに近いプラアティット船着場には渡し舟がないんです。チャオプラヤエクスプレスボートを渡し舟だと思っている外国人もいるようですが、全然違います。

 バンコクを東西に分けるチャオプラヤ川には、いくつもの渡し舟が就航していて、市民の大切な足になっています。中でも、シリラート病院のあるワンランと対岸のターチャンを結ぶ船は超重要で、朝5時から夜11時までという長時間の営業になっています。

 このようなシーローに使われる車は、日本で走っていた軽四輪トラック。ダイハツハイゼットを中心に、スズキキャリィの姿をよく見ますが、なぜか三菱ミニキャブは全然見ません。

 最後にご紹介する路線が、一番重要。王宮前広場からバンパコックという路線シーローにしては長距離を走るルートです。このルートは夜間のみ。

 1つは、ウォンウィエンヤイの西約2kmにあるタラートプルー市場から、チャオプラヤ川沿いのクロンサン、ラートヤ周辺を回るルート。タラートプルーからBTSウォンウィエンヤイ駅へ出たり、BTSクルントンブリ駅からタクシン病院へ急ぐなどの使い方ができるルートです。運賃は6バーツ。