タイ名物の3輪タクシー、トゥクトゥクはバイク用のエンジンをベースに設計されているため、LPガスが使えず、必然的にガソリン燃焼。地方に行くとエタノールを混合したガソホールすら使えない古い車もまだまだ多数残っています。

 しかし時代の流れとともに、天然ガス燃焼仕様のトゥクトゥクが求められていき、2年前に完成。黄緑色をまとった天然ガスのトゥクトゥクは本当に静かで、うるさいという従来のイメージはもうありません。