そのスタンプの内容は、「次回以降当大使館ではビザの発給を行わない可能性がある」というもの。このスタンプが押されたパスポートを次回、ビエンチャン大使館に持っていくと、申請は受理されるものの審査段階で発給拒否となる恐れがあります。

 一説によると、観光ビザ無料化政策で申請料金を受け取れなくなった大使館職員が、長期滞在者に対する嫌がらせみたいな感じでスタンプを押し始めたとか。そう簡単に在留をあきらめて帰るとは思えませんがね。